金沢大学医学部第二外科同門会会則


第一章 総則

(名称)
第1条
本会は、金沢大学第二外科同門会と称する。
(事務局)
第2条
本会の事務局は、金沢大学医薬保健学域医学系がん局所制御学教室(以下、教室)内に置く。
(目的)
第3条
本会は、会員相互の親睦・融和向上を図るとともに、教室の発展を通じて医学の進歩ならびに社会に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条
本会は、前条の目的を達成するために以下の事項を行う。
1. 会員の親睦、交流に関する事項
2. 教室の発展に関する事項
3. その他本会の目的達成のために必要な事項

”第二章 組織"

(会員)
第5条
本会の会員は金沢大学医学部第二外科教室、金沢大学医学系研究科がん医科学専攻がん局所制御学教室、 ならびに金沢大学医薬保健学域医学系がん局所制御学教室の出身者及び教室員と会長ならびに常任委員会及び 総会の承認を得た者をもって、構成する。


役員

(役員)
第6条
 本会に下記の役員を置く。

会長 1名
顧問
副会長 3名
常任委員 若干名
     監事 2名
幹事 1名


(役員の選出)
第7条
役員の選任は、以下の通りとする

会長…会員の中から常任委員会で決定し、総会で承認を受ける。
顧問…がん局所制御学教室元教授、常任委員の経験があり満76歳以上のもので会長が推薦するもの。 運営委員会に出席できるが、議決権はないものとする。
副会長…がん局所制御学教室現教授、富山同門会と福井同門会より各1名。
常任委員…副会長、がん局所制御学(第二外科)教室元助教授、がん局所制御学教室現准教授(事務局幹事を兼務)、 現医局長、元医局長および会長が 推薦するもの若干名。ただし、75歳以下のものとする。
監事…1名はがん局所制御学教室現医局長とし、もう1名は常任委員の中から常任委員会が推薦し、会長が委任する。
幹事…がん局所制御学教室現准教授をあてる。空席の場合は医局長が代行する。
(役員の任務)
第8条
 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3. 常任委員は常任委員会を組織し、第四条に揚げる重要事項を審議する。
4. 監事は本会の財産状況ならびに業務執行を監査する。
5. 幹事は会長の指示を受けて本会の運営に関する実務を分担する。
(会議)
第9条
本会では、次の会議を開催する。
1. 総会は、第二外科同門会時および常任委員会が適当と認める時に開催する。
2. 常任委員会は、会長、副会長、常任委員で構成し、本会の運営及び事業等の計画並びに遂行にあたる。
(役員の任期)
第10条
 
会長及び他の役員は任期を4年とし、再任を妨げない。

第四章 会 計

(収入)
第11条
本会の経費は、会員の会費、寄付およびその他の収入をもってこれに充てる。
2. 会員は、会費を納入しなければならない。ただし、76歳以上はその限りではない。
3. 本会の年会費は5000円とする。
4. 総会会費はその都度別途に徴する。
(会計年度)
第12条
本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
(会計監査)
第13条
本会の会計については、監事に監査を受けた後、常任委員会において会計報告しなければならない。


第五章  会則の変更

(会則の変更)
第14条
本会の規約は常任委員会の承認を得て総会の決議(出席者の過半数)によりこれ を変更することができる。
 

附則 本会則は平成21年7月5日より施行する。


金沢大学医学部第二外科学教室同門会事務局