教室の歴史

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • 先輩メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム

沿革

本学医学部は1862(文久2)年3月に加賀藩種痘所が設置された時をその起源とし、1901(明治34)年4月に金沢医学専門学校に,1923(大正12)年4月に金沢医科大学にと変遷を経て,1949(昭和24)年に金沢大学医学部となっている。
当教室は,泉伍朗先生が1922(大正11)年11月に九州大学より金沢医学専門学校の教授に就任され,1923(大正12)年4月に 金沢医科大学が発足するとともに現在のような講座制がとられ,1949(昭和24)年5月より金沢大学医学部外科学第二講座となって今日に至っている。

診療と研究または研究業績

泉教授
泉教授時代 (1922-1928)
初代の泉教授は1922(大正11)年11月13日から1928(昭和3)年3月5日まで在任され,岡山医科大学教授として転出されている。 着任当時,まだ内臓外科が導入されていない北陸地方で初めての内臓外科の権威として,新聞でも「内蔵外科の新権威者,泉博士の着任」, 「胃癌博士」などと紹介されている。 泉外科時代は,腹部内臓外科を主とした診療,研究が行われ,胆嚢,胃,脾などに関する論文30編が発表されている。 1928(昭和3)年4月の第29回日本外科学会総会において,泉教授は「脾腫について-外科的方面」と題する宿題報告を担当されており, その一年前より教室では脾に関する研究が行われていた。
熊埜御堂教授
熊埜御堂教授時代(1928-1958
泉教授が転出された後,1928(昭和3)年6月16日に熊埜御堂進教授が北海道大学より着任された。 熊埜御堂教授の在任期間は1958(昭和33)年3月31日までの約30年間と非常に長く,その間,第二次世界大戦をはさみ, 1949(昭和24)年には学制改革により現在の金沢大学となっている。診療内容は泉外科時代と大差なく内臓外科を主とし, 特に胃切除術,胆嚢切除術,腸閉塞手術などを得意とされ,整然たる手術術式を完成されている。腹部内臓の他,乳癌,甲状腺,肺結核,特発性脱疽, 骨折,先天性奇形などあらゆる外科的疾患が診療されていた。 研究業績は消化器系の病態生理を中心とした広範な領域におよんでおり, 指導学位論文は66編以上をみる。
本庄教授
本庄教授時代(1959-1965)
1959(昭和34)年5月1日,本庄一夫教授が京都大学より着任された。本庄教授は消化器外科の中でも肝臓,胆道,膵臓の外科を得意とされ, すでに教室に導入されていた全身麻酔法の進歩とともに,当時最先端であった広範囲肝切除や膵頭十二指腸切除などの手術が行われた。 教室員の教育として,臨床と研究の二面制度が明確にされ,臨床面の修練は症例検討会や最新文献の抄読会を通じて, 研究的修練は年数回のゼミナールの開催により,教授の直接指導が行われた。肝臓,膵臓を中心とした研究業績は内外の注目を集め, 指導学位論文は50編余りを数える。本庄教授は,1965(昭和40)年4月1日まで在任され,京都大学教授として転出された。
水上教授
水上教授時代(1965-1973)
1965(昭和40)年8月1日,水上哲次教授が金沢大学結核研究所より着任された。 これまでの腹部内臓外科の伝統は水上外科時代も引き継がれ,特に癌の基礎的臨床的研究に主眼がおかれた。 教室員への教育は,症例検討会,抄読会に加えて外科医として病理学的能力の必要性を重視され,ミクロクルズスが行われるようになった。 また,手術では合理的で迅速な手技・術式が教育された。 研究業績は,癌の発生・増殖と生体の免疫機能,内分泌代謝,自律神経機能などとの関連に関する研究や臓器移植に関する研究におよび, 指導学位論文は45編余りである。 1972(昭和47)年10月には,第34回日本臨床外科医学会総会が水上教授会長のもと金沢で開催されている。教授在任中,1966(昭和41)年には 麻酔科学教室の増設に伴い当教室からもスタッフとして参加し,これまで各科で行っていた麻酔は 全て麻酔科に依頼することになった。 また,1967(昭和42)年には現在の臨床研究棟が完成し,教室の移転が行われ,長年使用された教室研究棟は撤去された。 水上教授は1972(昭和47)年夏頃より食道癌に冒され,翌1973(昭和48)年3月15日に60歳で死去された。
宮崎教授
宮崎教授時代(1974-1997)
1974(昭和49)年4月1日,水上教授の後任として宮崎逸夫教授が助教授より昇任され,初めて当教室出身の教授が誕生した。 同年6月1日には金沢医科大学の開学にともない小坂進先生が教室員5名とともに同大学第2外科教授として転出された。 1977(昭和52)年10月1日には金沢大学がん研究所外科学講座の新設にともない中川原儀三先生が教授として転出された。 中川原教授は1980(昭和55)年4月1日に福井医科大学の開学により同大学第1外科学教室教授として転出され, その後任として教室出身の磨伊正義先生ががん研究所外科学教室の教授に昇任された。 このようにこの時期には多くの当教室出身の教授が輩出し,教室の発展の一端が現れている。 宮崎外科時代には診療,研究面において各臓器別の分担責任者が決められ,各分野で活発な活動が行われた。 宮崎教授は消化器外科の中でも特に胆道,膵臓を専門分野とされ,これらの分野で多くの業績を残された。 実験的膵石症は教室で開発されたモデルで,広く内外から注目を集めた。 臨床面では,膵臓癌,胆道癌をはじめ消化器癌全般および乳癌・甲状腺癌における治療法の開発を教室の研究課題とされ, 癌に対する拡大手術が実践されてきたが,後期にはQOLを重視した縮小手術の可能性も模索され,多くの成果が残されている。 中でも,膵癌に対する拡大郭清手術の開発と,その術後に起こる高度の消化吸収障害に対する管理法の確立は,この分野での進歩に大きく貢献した。 また,昭和50年代後半からは,しばらく中断していた臓器移植に関する研究も再開され,膵臓,肝臓,小腸などの移植を臨床応用すべく 研究活動が続けられ,さらに,癌の発生・増殖に関する分子生物学的研究も精力的に行われた。 指導学位論文は161編,,発表論文は2136編(欧文327編)と膨大な数にのぼる。1982(昭和57)年5月には第7回日本外科系連合学会, 1988(昭和63)年7月には第32回日本消化器外科学会,1992(平成4)年7月には第23回日本膵臓学会が宮崎教授の会長のもとで開催されている。 宮崎教授は1997(平成9)年3月31日まで在任され停年で退官された。
三輪教授
三輪教授時代(1997-2005)
1997(平成9)年7月1日から三輪晃一教授が助教授より昇任され,当教室二代目の教授の誕生となった。 三輪教授の専門分野である胃癌の領域においては,早期胃癌手術における合理化のための方策として,次のような臨床研究・業績をあげられた。 ①幽門側胃切除術後の小胃症状を改善するためのjejunal pouch interposition法による再建の開発  ②胃手術後の消化吸収障害や胆石発生を予防するための迷走神経温存によるリンパ節郭清手術  ③リンパ節郭清の縮小を図るためのsentinel lymph node概念の導入④胃の切除範囲縮小の観点から、胃分節切除術・噴門側胃切除術の採用, これらの研究はいずれも主要な学会のテーマとして取り上げられており,この分野のopinion leaderとして活躍された。また,食道,大腸, 肝胆膵領域の消化器癌および乳癌,甲状腺癌などの悪性疾患を中心に,診療,研究が進められた。 特に,1999年7月には,強力な指導力の下に,教室の念願であった生体肝移植を実行に移され成功に導かれ,教授退任までに,のべ23例に24回の 肝移植が行われた。 さらに胸腔鏡下食道手術,腹腔鏡補助下胃手術などの新しい手術手技の導入や,上腸間膜動脈門脈合切(幽門温存)膵頭十二指腸切除術の開発など 多くの業績をあげられた。 一方,2001年金沢大学医学部の大学院化に伴い,外科学第二講座は「金沢大学大学院医学系研究科がん局所制御学分野」と名称を変えられ, さらに2004年度からは国立大学の独立法人化及び新しい研修医制度の開始という,かつて経験したことのない改革の嵐に巻き込まれた。 このような中でも,指導学位論文が25編、発表論文は476編(うち欧文157編)と多くの功績を残された。 7年半という比較的短い教授在任期間であったにもかかわらず,2001(平成13)年3月には第73回日本胃癌学会,2003(平成15)年9月には 第14回日本消化器癌発生学会,同年11月には第33回胃外科・術後障害研究会,2004年11月には第34回日本創傷治癒学会など多数の学会・研究会を主催されている。 三輪教授は2005(平成17)年3月31日まで在任され停年で退任された。

診療と研究または研究業績

現在は,臓器別に分担責任者をおいて教授が統括するという従来からの体制を踏襲しつつ,診療に当たっている。 消化器外科の一般として大部分の患者は悪性疾患であり,その治療がもっとも大きな課題のひとつである。 早期癌に対しては術後のQOLを重視してより機能を温存した縮小手術を,一方,現時点で治癒不可能な進行癌に対しては, 化学療法や放射線療法など他の治療法も組み合わせたより積極的な手術を目標としている。 また,生体肝移植をはじめとした移植再生医療も,今後は外科領域に大きな比重を占めてくると思われ,症例を重ねていく予定である。 研究面では,oncologyを中心として,分子生物学的手法などを用いた基礎的研究から,臨床例を対象とした研究まで幅広く行っている。 学生,若手医師に対する教育もまた大学病院の重要な業務のひとつであるが,特に,学生の臨床研修,研修医教育の充実をはかっており, 関連施設と連携した体制を目指している。