金沢大学 消化器・腫瘍・再生外科学 研修医サイト

MENU

お問い合わせ先
TEL:076-265-2362
(医局直通)
FAX:076-234-4260
(医局直通)
消化器・腫瘍・
再生外科学 医局サイト

研修プログラム5つの特徴

研修プログラム5つの特徴

あなたにふさわしい「学び」をバックアップ

金沢大学消化器・腫瘍・再生外科で学ぶで学ぶ
研修プログラム5つの特徴

1手厚い教育体制と豊富な症例

上級医からの指導と大学病院だから経験できる豊富な臨床症例で確かな実力が身につきます。
研修期間には、国際学会の参加や短期留学のチャンスもあり、世界に情報発信できるグローバル人材を育成します。

2消化器外科だけでなく小児外科、乳腺科も学べる多彩な専門性

Part 1女性外科医として歓迎される乳腺外科医の育成

女性医師のニーズが高い乳腺科プログラムを用意しており、
外科専門医取得と平行して乳腺専門医を 取得することを目標としたカリキュラムです。

Part 2小児・外科の両分野を学べるスペシャルプログラム

外科専門医取得と並行して、小児外科専門医を目指すコースです。
小児科とも密に連携して診療を おこないます。

Part 3北陸の肝移植拠点病院

北陸の肝移植拠点病院として、生体肝移植、脳死肝移植の認定施設に認定されており、
消化器内科、 集中治療部と連携をとった “肝移植チーム”

3外科専門コースで学ぶ千葉北総病院救命救急プログラム

全国で初めてドクターヘリを導入した施設、
千葉北総病院救急部にて 2 か月の短期研修を用意しています。

4ハンズオンセミナーで学ぶ手術手技

外科に興味がある学生、研修医を対象に腹腔鏡(ラパロ)手術手技講習会や、ウエットラボを年数回おこなっています。また、専用施設でのアニマルラボ研修(豚を用いた腹腔鏡手術講習)にも積極的 に参加しており、実践的な知識や技能を習得することで、手術手技の向上を目指します。

5専門性を探究できる多様な認定施設

各種学会の専門医、指導医により専門医を習得するにふさわしい環境を整備しています。