金沢大学 消化器・腫瘍・再生外科学 研修医サイト

MENU

お問い合わせ先
TEL:076-265-2362
(医局直通)
FAX:076-234-4260
(医局直通)
消化器・腫瘍・
再生外科学 医局サイト

後期研修プログラム

後期研修プログラムについて

指導体制

-屋根瓦方式を導入した医療人の育成-

研修期間は肝胆膵・移植外科グループ、胃腸外科グループ、乳腺グループ、小外科グループに分かれローテーションし、良性疾患から悪性疾患までの外科治療を担当していただきます。
指導体制は、年齢の近い先輩研修医が指導する“屋根瓦方式”を採っており、教えられる側から教える側になることで知識とスキルを定着させ、しっかりとした基礎づくりをおこなっています。
入局後には、研究を行う大学院と、専門研修を行うレジデントのどちらを希望するか決めていただきますが、どちらを希望しても医局スタッフの手厚い指導体制が整っており、外科医として最初の一歩を踏み出すにふさわしい環境が整っています。
また、研修内容のフレキシブルな立案が可能であり、女性医師の出産・育児についても本人の希望を聞きながら対応します。

消化器外科育成プログラム

金沢大学消化器・乳腺・移植再生外科では北陸の消化器外科の基幹施設として“質の高い外科診療を実践できる外科医”を育成するため、新しい治療の知識や情報の発信を行っています。
若手医師だけでなく、ベテラン医師の卒後教育の場として、医局員や関連病院の医師に対してDDSO(link)協力のもと、セミナーや研修支援、臨床研究など多様な研修プログラムを行い、アカデミックサージャンとして将来の消化器外科を牽引していける外科医の育成に力を入れています。

手術手技の向上 -ハンズオンセミナーで技を磨く-

近年、低侵襲治療である腹腔鏡手術が急速に普及しています。当科では、医局員・研修医の基本的手技向上のため、ウエットラボや腹腔鏡のトレーニングを行っています。
初期研修制度の改正により外科研修が必修でなくなり、外科離れに拍車がかかっていますが、当教室では外科の基本手技に触れ外科の魅力を知る機会として、医学部生を対象とした縫合実習を行っています。

ウエットラボ・ラパロ競技会

ある研修医の1年間の執刀回数

執刀数例

研修中に可能な資格取得

外科学会専門医を取得し外科医としての基礎を固めた後、消化器外科専門医や専門学会の専門医取得を目指します。後期研修修了後も臨床のレベルアップを目指して専門性を究め、指導医取得へと進むことができます。

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科専門医
  • 日本消化器内視鏡外科専門医
  • 日本消化器外科学会専門医

学位取得 -外科医こそしっかりとした研究を-

学位を取得するかどうかは本人の自由ですが、臨床で腕を磨くことだけにとらわれず物事を深く探究する基礎研究の地道な努力は、臨床医として仕事をしていく上で非常に大切なことであり、教室では学位取得を推奨しています。

専門コース後の進路

関連病院または大学病院にて消化器外科医として診療をしていただき、後輩の指導にあたってもらいます。また病院によって目指すものが異なるため、考え方、治療方針が偏らないよう数年単位で転勤となります。女性の場合は家庭の事情も十分に考慮したうえでの配属させていただきます。
開業医、海外留学、短期留学についても可能な限り支援します。

医局行事

日々の診療業務は忙しいですが、季節のイベントを実施して親睦を深めています。
よく働き、思いっきり遊ぶのが教室の伝統。最近の行事を一部紹介します。