金沢大学 消化器・腫瘍・再生外科学 研修医サイト

MENU

お問い合わせ先
TEL:076-265-2362
(医局直通)
FAX:076-234-4260
(医局直通)
消化器・腫瘍・
再生外科学 医局サイト

外科専門医コース

外科専門医コース

外科専門コースの紹介

ローテートコースでじっくり将来を考えながら研修を受けるコースとは違い、将来外科を目指すことに重点をおいた研修プログラムです。大学病院での研修のメリットは、消化器外科だけでなく、小児外科・乳腺科の研修も同時に行えることです。
また、1年目より多くの症例を観ることで、外科医としての心構えも身につき、知識を早く修得できます。後期研修期間にあたる4~5年目の関連施設での研修の際にも大きな自信につながるといえます。

外科専門コースのローテーション例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
第2外科 内科 救急 救急
麻酔科 第2外科 精神科 地域
(外科)
外科
  • 金沢大学附属病院
  • 石川松任中央病院
  • 千葉北総病院

救急・外傷外科医の基盤となる消化器外科医

近年、救急救命センターの数は年々増加しており、需要も増えている一方医師の確保が問題となっています。
救急・外傷外科医を目指すには、まずしっかりとした外科教育を受けることが大切です。当コースでは、救急医をサブスペシャリティとして考えている方にも対応できるよう、ドクターヘリの全国で初めて導入した千葉北総病院救急救命センターにて2か月の短期研修を行っております。(希望者のみ)この施設長の松本尚教授は、当科で消化器外科医として経験を積み、外傷外科医の道として活躍されています。

昭和62年に金沢大学第二外科に入局後、平成12年より日本医科大学北総病院救命救急センターに勤務。
“挑戦的なリンパ節廓清、繊細なケリー鉗子の使い方、昼夜を問わないドレーン管理など、消化器外科医のノウハウは、すべて外傷外科医で応用することできる。
消化器外科医として経験を積むことが外傷外科医になる近道だ”と述べています。

外科専門コース千葉北総病院研修を終えて

こんにちは、研修医2年目の中村友祐です。

第二外科専門医コースの救急の研修として、日本医科大学千葉北総病院の救急救命センターで研修させていただきました。もともと外傷外科に興味がありましたが、有名な外傷センターが北陸にないため、このように日本最高峰の外傷センターで研修できたことは本当に幸運でした。しかし、僕が「第一号」ということで前例がなく未知数であったため、期待半分・不安半分で千葉に乗り込みました。

はじめに思った感想は、「すごい所に来てしまったな」でした。戦場のようでした。運ばれてくる患者は、交通外傷・転落・重度熱傷・脳血管障害といった重症ばかり。救急外来で緊急開胸術や創外固定術をするなんて日常茶飯事でした。開胸心臓マッサージのときの、あの心臓の感触は忘れられません。

そんななかでも、研修医として、採血や末梢ルート確保、縫合処置など基本的な手技をやらせてもらえました。はじめは失敗つづきでしたが、先生方の厳しくも優しい指導のもと、徐々に出来るようになりました。また、外傷に対する初期診療(JATEC)やICU管理なども、先生方から詳しく丁寧に教わることができました。

また、ドクターヘリにも乗ることができました。現場にいって救急車内で末梢ルートを確保することしかできませんでしたが、最前線に立って「医療従事者」として命を救うことに微力ながら貢献できたことが何より嬉しかったですし、達成感も感じることができました。

2ヶ月間という短い期間でしたが、とても忙しく、本当に貴重な研修生活を送ることができました。外傷外科と言いますが、基本は外科手技や全身管理といった腹部外科のスキルが重要だと思いました。このようなスキルを習得するには第二外科がベストだと思います。外科に興味のある人はもちろんのこと、救急に興味のある人もぜひとも第二外科専門医コースをオススメします。ここに紹介した話はごく一部ですので、もっと詳しく知りたい人は気兼ねなく僕のところまで連絡下さい。皆さんと共に仕事ができることを楽しみにしています。