Dr.ota

資格または学会専門医・評議員

  • 日本外科学会専門医・指導医、代議員
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医、理事
  • 日本消化器病学会専門医、学会評議員
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝胆膵外科学会理事
  • 日本胆道学会評議員
  • 日本膵臓学会評議員
  • 日本臨床外科学会評議員
  • 日本癌治療学会評議員
  • 日本消化器病学会評議員
  • 日本消化器癌発生学会評議員
  • 日本腹部救急医学会評議員
  • 日本がん転移学会評議員
  • 日本外科系連合学会Fellow会員

プロフィール

金沢大学医学部医学科(1979年)
金沢大学助手(1987年4月)
金沢大学助教授(1999年10月)
カナダ University of British Columbia(UBC)Department of Biochemistry & Molecular Biology(2004年)
金沢大学教授(2006年4月)

研究課題

過不足のない消化器癌根治手術の開発(臨床研究)、消化器癌の発生ならびに進展に関する基礎研究

国際貢献

2004年英国膵臓学会(開催都市:Plymouth)で、President Kingnorthからの依頼があって、膵癌における リンパ流やリンパ節転移に関する最近の知見、膵癌の外科治療の工夫についてguest lectureとして招聘教育講演を行った。

受賞暦

2001 An award from Japanese College of Surgeons
Human pancreatic cancer cells express non-functional Fas receptors and counterattack lymphocytes by expressing Fas-ligand.--- a potent mechanism for immune escape.

閉じる