胃グループ

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム
Home>胃グループ>早期胃がんについて>ESD内視鏡的粘膜下層剥離術

EMR ESD

胃を切除しない治療法 内視鏡的粘膜下層剥離術
  早期胃癌のリンパ節転移は約10%です。 その転移症例はD2までのリンパ節郭清で治癒しますが、残りの転移のない症例の全てに郭清が必要とは思えません。 多くの切除例から、転移のない早期胃癌の特徴が検討されました。 その結果、粘膜固有層に留まる癌で、分化型、かつ潰瘍を伴わない早期胃癌であれば、 リンパ節転移は全く認められないことが判ってきました。 そのような症例に対し、胃カメラで粘膜を剥ぎ取る治療法が試みられるようになりました。 内視鏡的胃粘膜切除術 ( endoscopic mucosal resection: EMR ) と呼ばれる方法です。 多くの施設でEMRが試みられた結果、EMRできちんと癌が取りきれた場合、 前述の条件を満たしていれば、郭清手術を行わなくとも再発することがないことが 実証されました。
  現在では、EMRは早期胃癌の内、2cm以下で、潰瘍がなく、粘膜固有層に留まる分化型の癌に対して、 広く行われています。 EMRは、胃カメラを使って胃の粘膜を剥ぎ取るだけで、胃切除・郭清を行わないため、 術後障害がほとんど発生せず、お腹に傷をつけることもない、という大きな利点を有しています。 ただEMRは、広い範囲の粘膜を正確に切除することが技術的に難しいという欠点を有していました。 このEMRの改良版で、正確な切除ラインを設定し大きく粘膜を切除することを可能とした方法が、 内視鏡的粘膜下層剥離術( endoscopic submucosal dissection: ESD ) です。 粘膜切開専用ナイフの開発と専用電気メス装置の進歩により、癌から安全な断端距離を確保しつつ一塊で粘膜を切除する、 という、外科切除に匹敵する粘膜切除が、胃カメラだけで可能となりました。 現在ESDは主に消化器内科で施行されています。