胃腸外科 大腸グループ

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム
大腸がんについて治療方法腹腔鏡下手術炎症性腸疾患


大腸がん

近年大腸がんは男女ともに増加傾向にあります。臓器別がん死亡率では、大腸がんは女性の第1位、 男性の第3位という位置にあり、今後ますます増加することが予想されています。


注腸造影検査

   大腸がんの危険因子としては、喫煙、飲酒、欧米化した食事内容、食物繊維摂取の低下などが指摘されています。逆に、運動や食物繊維の摂取などは予防する方法として有用である可能性があります。


大腸がんの検査

  大腸がんのみならず、さまざまながんにおいて早期発見・早期治療が大事です。そのため、検診での便潜血反応検査や、大腸カメラなどは非常に重要です。 苦痛を伴う場合もありますが、しっかり検査をうけ、"大腸がんがない"ことを確認することが精神的安定にもつながります。 便潜血反応は便のなかに血液が含まれているかどうかを調べる検査です。 陽性になった場合には、なんらかの出血する病気が大腸にある可能性を考え、大腸カメラで調べます。 陰性であれば多くの場合、安心できますが、病気からの出血が少ない場合や大腸のはじめの方に病気がある場合には血液が薄まり検出されない場合がありますので注意が必要です。 もしも何か心配がある場合には大腸カメラでしらべることをお勧めします。



大腸がんの治療方針

  大腸がんの治療方針はその程度(臨床病期)で決定します。 0~Ⅳ期までの5段階に分類され、がんの深さ、リンパ節転移の有無・程度、他臓器(肝臓、肺、腹膜など)転移の有無、によって判断します。 0期の大腸がんの場合は内視鏡切除(大腸カメラでの切除)が基本です。 大腸がんと診断された場合、切除の手段としては大きく内視鏡切除(大腸カメラでの切除)と外科手術があります。 体への負担という点では内視鏡切除が望ましいですが、これは0期またはⅠ期の早期がんの一部に対して行われ、内視鏡切除ができない進行がんに対しては手術が必要となります。



大腸がんの治療成績