胃腸外科 大腸グループ炎症性腸疾患について

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム
大腸がんについて大腸がん治療方法腹腔鏡下手術炎症性腸疾患

 

大腸がんに対する治療法には、手術、抗がん剤、放射線がありますが、その患者さんの臨床病期によって選択することになります。

手術

最も確実な治療法でⅠ~Ⅲ期の大腸がんに対する標準治療とされています (Ⅳ期の大腸がんの場合はほかの臓器への転移との兼ね合いで判断します)。 内視鏡切除が困難な早期がん、内視鏡治療後にリンパ節転移のリスクのある早期がん、進行がんの場合に適応になります。 具体的な手術の術式については、がんの部位によって異なりますが、がんのある腸管を周囲の転移の可能性があるリンパ節と一緒に切除するという方向性で行います。


  実際に手術を行う場合には、がんのひろがりと全身状態の把握が必要です。 がんのひろがりを確認することは、治療方針に深く関係します。 たとえば、肝臓に転移のあるS状結腸がんの患者さんに、S状結腸のがんの部分だけを切除しても肝臓の転移が残るわけですから、 治療方針としては不十分となります。 したがって、手術を予定する前に、転移があるのかないのか、あるとすればどこにどの程度あるのか、手術だけで治る可能性が高いのか、抗がん剤との組み合わせが必要なのか、手術を先に行うか抗がん剤を行ってから手術を予定したほうがいいのか、などについて十分検討する必要があります。
  また、手術が必要となり技術的にはがんの切除は十分可能であっても、全身状態に問題がある場合、つまりほかの病気のために手術の危険性が高い、術後合併症をきたす可能性が高いと判断された場合には、術式の検討や手術以外の治療方針の検討も必要になります。
以上のことから、術前に行う検査には、がんのひろがりの診断と手術を安全に行うための他の疾患の評価が必要になるわけです。
  大腸がんの手術後には、残念ながら合併症が低い確率ながらも発生します。 術中術後の出血、肺炎、ほかの臓器の損傷、血栓の発生(脳梗塞、心筋梗塞、肺梗塞など)、心・腎・肝臓など重要臓器の機能低下、創感染、術後の一時的なせん妄(幻覚)などです。 これ以外に、手術という体への負担が引き金となって、予期せず全く新たな病気が術後に発症するということもあり得ます。 これらの合併症の危険性がどのくらいあるのかを術前の全身状態の評価をもとに検討し、可能な限り術前に準備を行い手術に臨みます。
  大腸がん手術の場合は多くの場合、合併症がなければ1~2週間で退院を考えられるくらいにお元気になります。 退院後の治療方針は、手術で切除した大腸とリンパ節の顕微鏡検査結果(病理検査)をもとに判断することになります。 具体的には、術後抗がん剤治療を行うかどうか、定期検査の間隔はどのくらいで、どんな検査を行っていくのか、ということをお伝えします。 しかし、いずれにしても、術後5年間は定期検査を受けていただきます。 これは大腸がんの場合、5年以上たってから再発する可能性が1%以下であるということをもとに、5年間再発しなければ治ったと判断するためです。


抗がん剤治療(化学療法)

  抗がん剤治療は大きく2つの目的に分類されます。 一つは手術後に再発予防を目指して行う術後補助化学療法、もう一つは手術での切除が困難な場合に延命を目的として行う化学療法です。


術後補助化学療法

手術後の問題点としては、がんの再発があります。 再発とは、手術の時に目に見えるがんをすべて切除しても、目に見えないがん細胞がどこかに残っていて徐々に大きくなると考えられています。 そのため、再発率を少しでも下げるために術後に"補助的に"抗がん剤治療を行うというものです。 期間は半年間、内服、内服と注射、注射の抗がん剤、など投与の方法はいくつかあります。 病理結果から、再発の危険性を判断し、患者さんと相談の上、選択していきます。


切除不能大腸がんに対する化学療法

大腸がんと診断されたときにすでにほかの臓器に転移しているⅣ期の大腸がんの場合、あるいはがんの手術後に切除できない転移が発見された場合などの場合の治療の中心は抗がん剤治療になります。 抗がん剤を行い、がんを少しでも小さくしたり、大きくならないようにコントロールしていくことが目的です。 近年、大腸がんの抗がん剤開発の進歩は目覚ましく、多くの薬が使えるようになりました。 30年前と比較し、明らかに生存期間の延長が認められています。 もちろん、がんの転移や再発がある状態ですので、病状としては厳しい場合もありますし、抗がん剤ですので副作用のことも気になるとは思いますが、できるだけ副作用が軽くなるように調整しながら治療を継続できるように行います。



放射線治療

放射線治療は大腸がんの中でも直腸がんに対して抗がん剤と組み合わせて治療したり、場合によっては転移や再発した場所に行うことで、がん細胞を焼切ったり、がんによる痛みをコントロールしたりすることがあります。