胃腸外科 大腸グループ

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム
大腸がんについて治療方法腹腔鏡下手術炎症性腸疾患

   腹腔鏡手術は近年、さまざまな手術に対するアプローチ法として導入されてきています。 腹腔鏡とはおなかの中をのぞく内視鏡のことで、腹腔鏡手術は、従来の開腹手術に比べ、"低侵襲手術(体へのダメージが少ない手術)"と言われています。 当科でも大腸がん手術に積極的に導入しています。


  臍とおなかの上下左右に5㎜~10㎜の傷を5か所つくり、そこからトロッカーという手術に使用する道具を出し入れする筒状の器具を留置します。

  一つのトロッカーから二酸化炭素を注入してお腹を膨らませ、腹腔鏡を挿入しておなかの中をすみずみまで観察します。 カメラの映像はテレビモニターに映し出され、このモニターを見ながら手術を行います。 これまでに手術を受けられたことのある患者さんの場合は、おなかの中に癒着があることがありますので、癒着をはがしてから手術を開始します。

トロッカーから細長い道具をおなかの中に挿入し、手術を開始します。 細長い道具の先端には、各種の目的に応じた機能がついており、腸を持ったり、電気で焼いたり、止血したり、吸引したりしながら手術を進めます。

大腸がんのある部位を中心として、腸を剥離(おなかの中からはがしてくること)し、腸を栄養する血管を切離して、周囲のリンパ節と一緒に体の外に出します。 がんを含んだ腸管を切除し、残った腸管を吻合(つなぐこと)します。

おなかの中を再度観察し、出血がないこと、腸管のねじれがないことなどを確認後、ドレーンというシリコン製のやわらかいチューブをおなかの中に入れて手術を終了します。 ドレーンは術後おなかの中にたまる浸出液(手術をおこなった部位から染み出す体液)を体外に出したり、出血や縫合不全(つなぎ目がほつれる合併症)の発見の目的で留置します。 (場合によっては留置しないこともあります。)








腹腔鏡手術の利点

  • ・ 腹腔鏡は開腹手術と比べて、傷が小さいこと、傷が小さいことにより痛みが少ないことが利点の一つ です。 術後の体の回復も早いですし、手術による腸管のダメージも少なくすることが可能です。また、傷が小さいことから術後の癒着が少ないといわれています。
  • ・腹腔鏡は手術で操作中の場所に近づくことが可能なので、開腹手術と比較して拡大して観察することができます。 そのため、より繊細・確実な手術が可能となります。
  • ・繊細な操作により出血量が少なく、手術を終了することが可能です。 腹腔鏡で移したおなかの中の映像は、テレビモニターに映し出されますので、執刀医だけではなく、助手、看護師、麻酔科医など全員が手術の進行具合、問題点も含めた状況を把握することができます。

腹腔鏡手術の欠点

  • ・前述のように、手術中に止血困難な出血を認めた場合
  • ・癒着が強く、他臓器を損傷する危険性が高いと判断された場合
  • ・おなかの中に二酸化炭素を入れてふくらますことにより、呼吸状態が悪化した場合
  • ・ほか、全身的な疾患、術中に発症した疾患(不整脈、アレルギーなど)のため手術時間を短時間にする必要がある場合