肝臓グループ

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム

転移性肝がん

治療について

転移肝臓がんの治療方法
肝切除術
肝細胞癌と同じです。
生体肝移植
転移性の肝ガンに対しては、特別な事例を除いて基本的には肝移植の適応はありません。
肝動脈塞栓療法(TACE)
血流が豊富な腫瘍の場合は有効ですが、血流が乏しい腫瘍は部分的な効果しか期待できません。いずれにせよ、抗がん剤治療やラジオ波焼灼療法などの局所療法を併用する必要があります。
経皮的ラジオ波焼灼療法(TACE)
前述の TACE と組み合わせることで比較的大きさ腫瘍も焼灼できますが、根治性は外科的切除に及びません。 ラジオ波焼灼療法は消化器内科が担当しております。
肝動注化学療法
転移性肝がんの場合、多くの方に経静脈的な抗がん剤の全身投与か、肝臓にターゲットを絞った肝動注化学療法を受けていただく必要があります。 外科的切除や RFA の効果をより有効なものとするために、手術前や手術後にそれぞれの腫瘍に適した抗がん剤治療を受けていただく必要であります。


肝臓に転移したら末期?
そのようなことは決してありません。切除することで生命予後が大きく改善し、時には治癒される患者様もおられます。 また、当初は切除困難であっても、抗がん剤治療を行うことで肝臓の転移巣が縮小して、外科的切除を行えるようになる場合もありますので、 決して諦めずに当院へご相談にお越しください。切除が困難な患者様にも、抗がん剤治療はもちろんのこと、様々な治療法を組み合わせることで 生命予後の改善が期待できます。