乳腺科

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

 


  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 研修プログラム5つの特徴
  • 治療法の紹介
  • メッセージ
  • 研修プログラム
  • 関連病院
  • 研修医の一日
  • 質問Q&A
  • 当科出身の女性外科医
  • 女性外科医座談会
  • お問い合わせ

消化器外科育成プログラム
  • 乳腺科の紹介
  • スタッフ
  • 乳がんについて
  • Q&A
  • 乳がんの再発再発転移


  • 通院中の患者様へ

乳がんの転移・再発

再発・転移とは


  乳がんが見つかった時に、体のどこかの潜んでいるがん細胞の芽が、後になって出てくることを「再発」といいます。特に手術をした側の乳房やその周囲の皮膚やリンパ節に出てくるしこりを「局所再発」といいます。
  一方、乳房以外の別の場所にがんが出てくることを「転移」あるいは、「遠隔転移」といいます。

局所再発の治療


手術で切除できる場合は、外科手術で切除したあと必要に応じて放射線療法と薬物療法を行い、再々発を予防します。

遠隔転移の治療


  乳房から離れた部分に乳がんが出てきたものですが、画像で見えてる場所以外にも目に見えないがん細胞が潜んでいるので、これらの芽をすべて摘むのは難しいのが現状です。
  手術で目に見える部分を切除しても、目に見えない癌細胞は体のどこか残ってしまい、再び別の場所に出てきてしまいまう可能性が高いので、通常手術は行いません。
  薬による治療を中心に行い、がんを治すことを目指すのではなく、がんの進行を抑えたり症状を和らげたりして、生活の質を保ちながら、がんと共存するための治療を行います。





乳がんの初期治療乳がんの再発・転移