乳腺専門医について

  • 教室紹介
  • 教授挨拶
  • スタッフ紹介
  • 沿革
  • 学会発表
  • 論文業績
  • 学会認定施設一覧
  • 医局ニュース

  • 診療案内
  • 外来診療案内
  • 胃腸外科
  • 食道グループ
  • 胃グループ
  • 大腸グループ
  • 肝胆膵外科
  • 肝臓グループ
  • 胆道グループ
  • 膵臓グループ
  • 乳腺科
  • 小児外科

  • 学生研修医の皆様へ
  • 当科の紹介
  • 研修プログラムの流れ
  • 乳腺科プログラム
  • 取り組んでいる治療法
  • 女性医師の声
  • 研修医の一日
  • 先輩メッセージ
  • 医局員募集

消化器外科育成プログラム

 女性のかかりやすい"がん"の第1位として、乳がんがあります。ライフスタイルや食生活の変化、マンモグラフィの導入により 乳がんの患者数は今後も増えていくといわれ、乳腺専門医の必要性は今後ますます高まっていくものと思われます。


乳腺専門医とは

 金沢大学乳腺科では、乳がん検診で"要精密検査"となった方や、自己検診で異常を感じている方を積極的に受け入れております。 女性の象徴とも言われる乳房の切除は、患者さんにとっても心の負担が大きく、手厚いサポートが必要とされます。 経験豊富なスタッフが病気のことや日常のことまで気軽に相談できるよう、チーム医療(マンマスマイル)で患者さまのサポートを行っています。
 近年は、乳房温存手術に関しても整容性を重視した手術が求められ、治療の多様化に伴いより高い専門知識が必要とされています。 当科においても乳房温存手術や術後の後遺症を減らすセンチネルリンパ節生検など癌の根治を目指しながら、 体に優しい手術を心がけています。
 さらに、術後の薬物療法についても、基本は外来で行うため患者さんの負担も少なく、 抗がん剤の治療についても専門スタッフがサポートするため、安心して治療をうけることができます。

 また、乳がんのセカンドオピニオン外来もおこなっております。セカンドオピニオン外来では、治療に対する理解を深めることを目的として、 専門の立場から治療の選択肢を説明し、患者さんにあった治療法を見つけるお手伝いもしています。

    金沢大学附属病院セカンドオピニオン外来について
           http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/patients/2ndopi/index.html
 

当科出身の乳腺専門医